トップページ

◆忘れやすい税務手続き
税務手続きとして会社登記のほか次の➀➁➂➃が必須だ。
個人事業の閉鎖勘定の作成
税務署に「個人事業の廃業届」に「経理の閉鎖残高表」を貼付して提出する。

翌期の個人事業の確定申告は閉鎖時の帳簿で行う。次の➃の手続きで個人事業の資産を時価評価して会社に譲渡することになるため譲渡所得が発生する場合があるので要注意!

会社へ資産負債を時価換算で譲渡する手続きとなる。そのため個人事業時代の不動産や動産は譲渡所得の発生有り無しに要注意!

#法人成りの重心は経理!
個人事業の帳簿を時価で会社に引継ぐ税務会計の手続きが重要だ。

法人成りの手続きとは?

1.個人事業を年央で解散(帳簿として閉鎖残高表を作成する)。

2.新会社の経理に「資産・負債」を「開始残高」として引継ぐ!


❶時価で引継ぐ税務上の規則がある


❷#法人成りで譲渡する不動産等は時価と簿価の差額が翌年の個人確定申告において譲渡所得課税となる(留意!)


❸税務署への「法人設立時の事業概況書」に引継ぎを報告する。


TOPICS
弊社では、
次の税務会計を全て無料サービスする!

この個人事業の解散手続き及び「閉鎖残高表」の作成
新設法人の帳簿への「開始残高」組み入れ作業

翌年の譲渡所得の税額計算(翌年の確定申告料は税込6万円)


親切な法人関係手続きとは?
㋑ 
法人開設届等一式の税務署提出(税法有利な申請を含む)
※LLC合同会社)の定款作成及び税務署提出を含む


「法人設立時の事業概況書」の税務署提出

備考: 
株式会社設立費用は、印紙税等のみの20万円
LLC(合同会社)の設立費用は、6万円のみ。